犬の癌が発見されたら早期治療をすることが大切です。

ペットの治療

費用は治療法により異なります

人間にある病気のほとんどは、ペットとして飼われている犬や猫にも存在します。その中の一つとして、腫瘍があります。人間でもそうですが、腫瘍は良性と悪性の2つのタイプに分けることが出来ます。 悪性の腫瘍のことを「癌」と呼びます。人間と犬などのペットの癌治療における最も大きな違いとして、費用があります。人間の場合、特に日本の場合には保険の対象となる治療の場合には治療費の負担が少なくて済みますが、犬の場合、癌治療に掛かる費用は全額飼い主が負担する必要があります。 癌治療の費用は、手術で取り除く方法や放射線治療、抗がん剤治療などがあり、選択した治療法により異なりますが、検査費用や入院費などを含めると高額になるケースが多いようです。

治療費の負担を軽減させる方法

犬などのペットの癌治療で最も有効な手段は、癌を取り除くという方法です。しかし、この方法には大きなリスクが伴います。急速に進行するタイプの癌である場合には、手術をしたことにより進行を早める可能性もありますし、犬の身体に大きな負担を掛けることになる場合もあります。 また、抗がん剤治療や放射線治療などを組み合わせて治療をするという場合、治療を行なっている施設を探すところから始める必要があります。 タイプにより異なりますが、長期にわたって治療が必要となる場合もあります。 ペットに公的保険制度はありませんが、ペット保険にあらかじめ加入することにより、治療費の負担を軽減することが出来ます。 最近は、いざという時の為にペット保険に加入する人も多いようです。